サービス一覧

 

 

でいご法律事務所

〒900-0022
沖縄県那覇市樋川1丁目
13番36号
でいごビル4階

TEL:098-851-8153
FAX:098-851-8159

お店でうっかり「高級時計」を落として破損…わざとじゃなくても弁償義務はある?

 

私が書いた原稿が掲載されました。

よろしければご一読下さい。

・お店でうっかり「高級時計」を落として破損…わざとじゃなくても弁償義務はある?

お店で商品を壊してしまった。わざとではなかったが、商品を賠償する責任はあるのかーー。そんな相談が複数、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに寄せられています。

ある人は、時計店で高級時計を試着した際に、バンドがゆるく、手首をすり抜けて床に落としてしまいました。お店からは、時計が損傷を受けたとして「販売することは困難で、買い取って欲しい」と言われたそうです。しかし、店側も何らかの保険に入っているはずで、その保険でカバーされるのではないかと考えています。

また別の人は、6歳の子どもがインテリアショップでランプをうっかり落としてしまいました。店の店長から「7万4000円の商品ですが、(そのうち)2万5000円を弁償してください」と言われたそうです。ただ「通路上に短い配線があり、靴先を少し引っ掛けた瞬間、倒れてしまった。このようなケースでも提示された金額を素直に支払うべきなのでしょうか?」と疑問を感じているようです。

お店の商品を壊してしまった場合には、必ず弁償しなければいけないのでしょうか。また、商品を賠償する場合は、店側に提示された金額を支払うしかないのでしょうか。田村ゆかり弁護士に聞きました。

●「過失による場合でも損害賠償義務を負う」

「わざとでなくてもお店の商品を壊してしまった場合には、原則として、損害賠償義務を負います。不法行為について定めた民法709条で、『故意』だけでなく『過失』による場合でも、損害賠償義務を負うとされているためです。

では、ご相談にあった(1)お店側にも過失がある場合でも支払うべきなのか、(2)お店が加入している保険でカバーされるのではないか、という点について検討してみましょう」

1点目の、お店側にも過失があった場合には、どう判断されるのだろうか。

「相談が寄せられた、通路上の配線に子どもが靴先を引っ掛けて倒れたため、ランプを落としたという場合。これが店側の過失にあたるかどうか。

これを考える上では、配線の位置、足を引っ掛けてしまうような状況だったのか、ランプの形状等から倒れやすい展示方法ではなかったか、子どもの入店が多く予定されるようなお店か等によって変わりますが、お店側の展示方法にも問題があると言える可能性があります。

そのような場合は、全額をお客さんが賠償するわけではなく、お店側の過失割合(寄与分)も考慮の上で損害賠償額を決めることになります」

●店から請求されたら、どうしたらいい?

2点目の保険問題については、どうだろうか。

「お店が加入しているはずの損害保険で、損害をカバーできるのではないか、というご質問ですね。特に、時計や宝石など高額商品を扱っているお店や、複数店舗を展開しているような場合は、店が加入する損害保険に、偶発的な事故による商品損害をカバーする特約をつけているケースも多いと思われます。

では、お店からの請求に納得いかない場合はどう対応すればいいでしょうか。請求を行った店員が店側の過失を認識していなかったり、保険の内容を把握していなかったりする場合も考えられます。

そこで、その場で支払いをせずに、連絡先を教えて後で請求をしてもらい、納得いかない場合には弁護士にご相談下さい。

お店が加入していた保険によって、損害が補償されることがわかった場合には、客が負担する必要はなくなるかもしれません。また、店側の過失があることを指摘して減額交渉ができることもあるでしょう。

結論として、全額支払わざるを得ないこともあると思いますが、その場合でも納得して支払いをすることは大事だと思います」

2017年07月18日(火)

平成29年度沖縄県包括外部監査人補助者を務めます。

 

平成25,26年度に続き,平成29年度の沖縄県包括外部監査人補助者を務めることとなりました。

包括外部監査人の當真良明弁護士を補助し,

沖縄県民の皆様のこれからにプラスになる監査ができるよう努めます。

2017年07月17日(月)

水まんじゅうを頂きました。

 

お客様に涼しげな水まんじゅうを頂きました。

梅入りが美味しかったです。

ありがとうございました!

2017年07月12日(水)

サーターアンダギー頂きました。

 

そんなわけで今日のおやつは黒糖サーターアンダギーです。

ありがとうございました!

2017年07月11日(火)

5月15日(月)臨時休業のお知らせ。

 

5月15日月曜日,弁護士田村ゆかりの出張にあわせて臨時休業致します。

申し訳ありませんが,御用の方は留守番電話にメッセージを残して頂くか,

16日火曜日以降にご連絡下さい。

2017年05月01日(月)

スタバにデスクトップPC持ち込んで、長時間仕事…どんな問題がある?

 

以前書いた記事のリライトですが,

弁護士ドットコムのサイトに掲載されました。

よろしければご一読下さい。

https://www.bengo4.com/internet/n_6011/

スタバにデスクトップPC持ち込んで、長時間仕事…どんな問題がある?

 

 

 

 

スタバでコーヒーを飲みながら、リラックスしながら仕事に励む。そんなライフスタイルを実現している人もいるだろう。ただ、ちょっと休憩したい人にとっては、あまりに長居する客がいると、自分の席が確保できなくなり、迷惑な話かもしれない。

ツイッターでは、アメリカのスタバで、iMacを持ち込む人も多いという投稿も流れており、中にはプリンターを持参する強者までいるそうだ。ただ、スタバを職場化すればするほど、長居する可能性も高くなるだろう。

もし日本で、スタバを長時間占拠した場合、どんな問題に発展する可能性があるのか。田村ゆかり弁護士に聞いた。

●限度を超えれば「犯罪」になる可能性も

「基本的には、ドリンクなど、注文をしておけば、長時間店内に居続けることができると考えます」

このように田村弁護士は述べる。なぜだろうか。

「ドリンクの料金の中には、飲み物の料金だけでなく、客席・テーブルやトイレなど、店の設備を利用する対価も含まれていると考えられるからです。

また、カフェですので、食事をするレストランと違って、『場所代』としての意味合いが強いと言えるでしょう。もし、長時間居続けても、過度に長いとは言えないと思います」

限度はないのだろうか。

「仕事が終わらないからと、営業時間を過ぎてもいつまでも帰ってくれないようなことがあれば、店側も困りますよね。そのように極端な場合は、店側も退去を求めると思われます。

そして、もし店長が退去を求めたにもかかわらず居続ければ、不退去罪(刑法130条後段、3年以下の懲役または10万円以下の罰金)に当たる可能性があります。

また、たとえば長時間居続けることで悪臭を放つようになり、そのせいで他の客が入らなくなったような場合であれば、店の営業を妨害したとして、損害賠償(民法709条)を請求される可能性があります」

デスクトップPCのような大きな仕事道具を持ち込んだ場合はどうなるのだろうか。

「自分の客席の範囲内であれば、デスクトップPCのような大きな仕事道具でも、ドリンク代に含まれる『場所代』のうちと言えるだろうと思います。ただ、客用のコンセントがないにもかかわらず、店の承諾を得ずに店内のコンセントを勝手に利用した場合や、通路など客席の範囲を超えて物を置いた場合には、店側から退去を求められることもありえます」

 

2017年05月01日(月)

4月14日(金)臨時休業のお知らせ

 

2017年4月14日金曜日,

出張にあわせて一日事務所を休業します。

申し訳ありませんが,御用の方は留守番電話にメッセージを残して頂くか,

17日月曜日以降にご連絡下さい。

2017年04月08日(土)

預貯金も遺産分割の対象になるとの最高裁判断。

 

平成28年12月19日,

預貯金も遺産分割の対象になるとの最高裁判断がされました。

 

 

 

え?

預貯金が遺産分割の対象になるって当り前じゃないですか?

 

 

いいえ,これまでは,預貯金のような可分債権は,

相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されるとされてきました。

たとえば,遺産が1億円円あって相続人が二人の場合,

当然5000万円ずつ分割されるということです。

具体的には,遺産全てについての話し合いができていない場合でも,

銀行に対して5000万円を支払うように請求できたのです。

なるほど。

でも,法定相続分をもらうだけだから,

問題ないですよね?

 

今回のケースでは,2人の法定相続人のうち,

1人が5500万円の贈与を受けていました。

仮に遺産が預貯金のみ1億円とすると,預貯金が遺産分割の対象になる場合こうなります。

贈与を受けた方:(1億円+5500万円)÷2-5500万円=2250万円

受けていない方:(1億円+5500万円)÷2=7750万円

ところが,預貯金が遺産分割の対象にならない場合は,

贈与を受けた方も受けなかった方も5000万円の預貯金を受け取ることができることになります。

えーっ,それは不公平ですね。

これまでも問題になっていたんじゃないですか?

 

 

実務では,当事者の同意を得て預貯金債権を遺産分割の対象とするという運用が広く行われていたのです。

ただ今回のケースは,贈与を受けた側が,預貯金を遺産分割の対象にすることに同意しなかったので,

問題になったのです。

最高裁の判例変更が行われたので,

今後は普通預金債権,通常貯金債権及び定期貯金債権は,いずれも,遺産分割の対象となります。

 

2017年03月24日(金)

相続税節税目的の養子縁組有効との最高裁判断。

 

平成29年1月31日,専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても,

直ちにその縁組について「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとはいえず,

養子縁組は有効であるとする最高裁判断が示されました。

 

 

養子縁組をすることで節税ができるんですか?

 

 

 

このケースは2013年に82歳で亡くなった男性で,

妻は先に亡くなっていたため,法定相続人は長男,長女,次女の3人でした。

男性は亡くなる前年に長男の子(孫)を養子としていました。

相続税額の計算においては,3000万円と相続人一人あたり600万円を基礎控除分として差し引きます。

そのため,相続人3人であれば4800万円,4人であれば5400万円基礎控除分となります。

仮に相続財産が6000万円とすると,相続人3人の場合は1200万円,4人の場合は600万円が課税対象ということですね。

最高裁は,なぜ節税目的の養子縁組も有効としたのですか?

 

 

 

このケースでは,税理士から節税効果について説明を受けた上で養子縁組をしており,

養子縁組に節税目的があることを認めました。

そのうえで,相続税の節税の動機と縁組をする意思は併存し得るので,

専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても,

直ちに当該養子縁組について「当事者間に縁組をする意思がないとき」(民法802条1号)に当たるとは言えないとしました。

じゃあ,多額の財産を持っている人は,

たくさん養子縁組をして相続税の節税ができるのですね?

 

 

かつて節税目的で多数の養子縁組をするケースがあったことから,

控除に算入できる養子は実子がいる場合は1人,

いない場合は2人までとされています。

詳しくは国税庁のHPを見て下さい。

→相続人の中に養子がいるとき

 

2017年03月24日(金)

夜の飲食店「私も1杯いい?」とねだられ高額請求

 

私が書いた記事が掲載されました。

よろしければご一読下さい。

弁護士ドットコムNEWS

 

 

 

夜の飲食店「私も1杯いい?」とねだられ高額請求…「予防することが大切」

ガールズバーやキャバクラなど「夜」の飲食店で、従業員から「私も1杯いいですか?」とねだられたことがある男性も、少なくかもしれない。酔いと見栄にまかせて、気前よくおごったところ、会計の際、想像以上に請求されたら、あなたはどう思うか。

営業マンのFさんは先日、都内の飲食店に入った。雰囲気は高級店でないが、気さくで明るいママが切り盛りしていた。ママから「私も1杯いい?」とねだられて、Fさんは「いいよ」と快諾。せいぜい1杯1000円くらいだろうと見ていたが、会計で請求された金額は、1杯あたり5000円だった。ちなみに、Fさん本人の代金は1杯あたり600円くらい。

Fさんは「ぼったくりだ」とまでは思わないが、最初に「1杯」の値段を確認しなかったことは少し悔やんでいるようだ。このように、夜の飲食店で、従業員におごった1杯の値段が想像以上だった場合、どう対応したらいいのだろうか。田村ゆかり弁護士に聞いた。

●「トラブル後に解決することは難しいので予防することが大切です」

「まずは、店側に説明を求めたり、料金表を見せてもらうなどして、内訳や請求金額が正しいかどうか、確認をしてください。

そのうえで、金額が不当に高い場合には、支払いを拒絶しましょう。店側が『無銭飲食で、警察を呼ぶ』といってきた場合には、警察官に来てもらいましょう。

警察官は、代金が適正かどうかという民事の判断には立ち入りませんが、いったん支払ってしまうと取り戻すのは困難です。たとえば、ママの分については『1杯1000円であれば支払う』といった提案をして、請求額の一部のみ支払う方法が考えられます」

もし支払った場合、返金してもらうことはできるか。

「たとえ飲食代を確認しなかったとしても、注文によって『飲食物提供契約』は成立しています。原則として、代金を支払う義務がありますので、返してもらうことはできません。

具体的な状況から、『代金がこんなに高い』と思わず注文した(錯誤無効)、店側がこちらを騙して高い酒を注文させて高額請求してきた(詐欺取消)、という主張が認められれば、返金される可能性もあります。ただし、あくまで、例外的です。

また、例外的に返金の請求ができる場合だったとしても、このような店が話し合いで返金に応じる可能性は低いでしょう。話し合いで解決できなければ、最終的には、裁判しかありません。

しかし、店の経営者が誰かわからない場合も多いでしょうし、数万円を取り戻すために裁判をする手間や費用をかけることは現実的に難しいと思います」

Fさんは今後、どういうことに注意して飲みに行けばいいのか。

「以上のとおり、飲食店で、不当に高い金額を請求された場合、支払わずにその場を逃れることも、いったん支払って返金を求めることも、難しいため、そのような事態に陥らないことが大切です。

まず、このような店は、キャッチと呼ばれる客引きをしているケースが多いでしょうから、安易にキャッチの誘いに乗らず、信頼できる店に行くことです。そして、馴染みでもない一見の客に酒をねだる時点で警戒して値段を確認することで、トラブルを予防していただきたいと思います」

(弁護士ドットコムニュース)

2017年03月06日(月)

3 / 1012345...10...最後 »