サービス一覧

 

 

でいご法律事務所

〒900-0022
沖縄県那覇市樋川1丁目
13番36号
でいごビル4階

TEL:098-851-8153
FAX:098-851-8159

もうすぐこどもの日なので。

 

こんにちは。

弁護士の田村ゆかりです。

もうすぐこどもの日なので、でいご法律事務所のカウンターに小さい鯉幟を飾りました。

ゴールデンウイークはカレンダーどおりの業務です。ご相談のご予約はお早めに。

 

でいご法律事務所

平日9時から18時まで。

Tel 098-851-8153

2018年04月17日(火)

美味しいムーチー頂きました!

 

依頼者さんが、「沖縄で一番美味しいムーチーね!」と持ってきて下さいました。

やわらかで、サンニンのいい香り、美味しい!ありがとうございました。

でいご法律事務所

弁護士田村ゆかり

TEL 098-851-8153(平日9時から18時)

2018年04月12日(木)

でいご法律事務所はお子様連れ歓迎です。

 

先日は1歳の女の子がお母さんと一緒に来てくれました。

犬を散歩させるおもちゃが気になっていたようです。

でいご法律事務所はお子様連れでのご相談歓迎です。

ただ小さな事務所ですので、お子様に聞かせたくないお話の場合はご遠慮下さい。

 

ご予約は、098-851-8153まで。

平日9時から18時までです。

 

2018年04月06日(金)

3月16日(金)臨時休業

 

こんにちは。

弁護士の田村ゆかりです。

3月16日(金)、出張に伴いでいご法律事務所を臨時休業と致します。

ご不便おかけしますが、ご了承下さい。

2018年03月15日(木)

読谷村で秋桜が満開。

 

お仕事で読谷村役場に行ったところ、近くで秋桜が満開でした。

私の実家の兵庫県ではその名のとおり秋に咲く花ですが、沖縄では2月に咲くんですね。

風にそよいで綺麗でしたので、機会がありましたらご覧下さい。

2018年02月19日(月)

8年目に入りました。

 

明けましておめでとうございます。

当でいご法律事務所は、平成23年1月1日設立のため、8年目に入りました。弁護士としては13年ほど務めていることになります。

本年も、よろしくお願いいたします。

写真は、沖縄タイムス紙上名刺交換会です。

弁護士 田村ゆかり

2018年01月02日(火)

年始は1月5日金曜日からです。

 

でいご法律事務所は年始1月5日金曜日から業務を開始します。

皆様どうぞ良いお年をお過ごし下さい。

 

弁護士 田村ゆかり

2017年12月29日(金)

立派な林檎を頂きました!

 

群馬県在住のお客様から、

立派なサンふじを沢山頂きました!

しばらく熟してから頂こうと思います。

ありがとうございました!

2017年12月07日(木)

焼肉食べ放題なのに、肉がなくなりキムチとナムルだけ! 支払い金額を減額できる?

 

こんにちは。

弁護士の田村ゆかりです。

私が書いた原稿が弁護士ドットコムに掲載されました。

よろしければご一読下さい。

 

焼肉食べ放題なのに、肉がなくなりキムチとナムルだけ! 支払い金額を減額できる?

 

食べ放題の店に入ったのに、品切ればかりで食べられるものがほとんどなかったーー。こんな相談がインターネットのQ&Aサイトに複数投稿されています。

ある投稿者は、テーブルオーダー式しゃぶしゃぶバイキング食べ飲み放題のお店に入ったそうですが、2度ほどお代わりすると「牛肉の在庫が切れた」と言われました。そこで鶏肉や豚肉を食べていたところ、その在庫も切れてしまったそう。結局サイドメニューの在庫も切れて、食べるものがほとんど無くなってしまったと言います。

また別の投稿者も焼肉食べ放題に行ったところ、入店から1時間が経過した頃から注文した肉が全く来なくなり、キムチとナムルしか運ばれなかったと言います。そこで「会計の半分だけ置いて行く」という対応を取ったそうです。

せっかく食べ放題のお店に入店したのに、注文した料理が出て来なかった場合、お店に返金させることや、支払い金額を減らすことは可能なのでしょうか。田村ゆかり弁護士に聞きました。

●客は契約の一部を解除できる

「食べ放題のお店で、しばらく食べた後に、注文した品物が欠品で提供されなくなった、ということですね。今回は、お店側の債務不履行だとして一部解除をすることができるか、を考えたいと思います。

民法543条本文は、『履行の全部又は一部が不能となったときは、債権者は、契約の解除をすることができる。』と定めています」

今回の相談者は、食べ放題のお店に行きました。

「食べ放題のお店とそのお客で考えると、お店は肉、野菜その他サイドメニュー等の食材、鍋、調味料等を提供する義務を負っており、客はそれに対して設定された代金を支払う義務を負っています。

今回は、肉、野菜その他のサイドメニュー等の食材を提供するというお店の義務の『一部』が果たされない状態になっているため、客は、契約の一部を解除することができると考えられます」

●支払額は平均的に食べる額と比較して算出

契約の解除というと、支払いはどうなるのでしょうか。

「お店が果たすべき義務の一部しか果たさなかったので、お客の側も本来支払うべき代価の一部しか支払いませんよ、と主張することになります。

支払うべき代価がいくらであるかは、通常の客が平均的に食べる金額を目安として、そのうちのどの程度の金額の食材が提供されたか、お客が目当てとする肉類がどの時点でどの程度欠品となったか等から算出することとなるかと思います。

焼肉食べ放題に行った方は、代金の半分だけ支払ったということでしたね。お店が特にそれに対して異議を述べなかったのであれば、半額支払うことの『黙示の合意』があったと言えるのではないでしょうか」

どのくらいの品切れであれば、返金は認められるのでしょうか。

「通常の客が平均的に食べる金額を目安として、そのうちどの程度の金額の食材が提供されたか、またお客が目当てとする肉類がどの時点でどの程度欠品となったか等の事情から判断することになるかと思います。

これは感覚的なものですが、平均的に提供される食材の半分未満しか提供されなかった場合であれば、返金を請求できるのではないでしょうか」

(弁護士ドットコムニュース)

2017年11月13日(月)

お客様用スリッパを新調しました。

 

こんにちは。

弁護士の田村ゆかりです。

お客様用スリッパ、ここ数年フェイクレザーのスリッパにしていたのですが、このたび新調しました。

Mサイズ(23~25cm)とLサイズ(25~27cm)各4足ご用意しました。

リラックスしてご相談される一助になれば幸いです。

2017年10月31日(火)